セブ島留学で英会話を極める~イングリッシュマスター~

案内

授業について

文字

フィリピン留学して一番大事な授業についてお話します。フィリピンでの学校の授業はほとんどの授業がマンツーマンということです。マンツーマンなら講師と1対1なのでわからないところは自分のペースで講師に質問できるので英会話の上達も早くなるというところが特徴です。また、フィリピンの学校では英語で授業が行なわれるのですが、中には日本語を話すことが出来る講師が在籍している場所もあります。日本語が通じれば安心することが出来るのですが、やはり少しでも早く学ぶためにはなるべく日本語を利用しないことが望ましいと考えられます。

授業時間としては、1日約6時間以上の学校が多いようです。これは欧米に比べると2時間ほど多くなっていて、それだけ英語を耳にする時間も多くなるということです。フィリピンの英語学校の授業は最低6時間でそれ以上の学校もざらにあります。集中して英語をマスターしたい人には最高の環境ではないでしょうか。フィリピン留学で自分の住むところは多くの場合、寮が多いようです。寮ですので学校から近くにあり、通学時間も少なくて済みます。フィリピンはセブ島など世界有数の海に囲まれたリゾート地ですので、授業の缶詰状態に疲れたときにはすぐに透き通った海の最高の景色を見て癒されるのが魅力ですね。その他にも、フィリピンでは物価が安いので留学にかかる費用も少しで済み、他の海外留学と比べてもお得に英会話を習得することが出来るでしょう。